プレスリリース

アジア学院校長荒川朋子が高崎開催イベント「さっちゃん、おかえりなさい」・ロータリークラブ例会でゲストスピーカーとして登壇します。

リリース発行企業:学校法人アジア学院

情報提供:

「さっちゃん、おかえりなさい」は釜ヶ崎で医師として活躍した矢島祥子さんについて語るイベント。4月27日(土)に高崎市総合福祉センターたまごホールで上映会が行われる。アジア学院校長荒川朋子は多様な社会環境を持つ、世界各国からの留学生が集い学ぶアジア学院校長としてパネルディスカッションに登壇する。


アジア学院校長荒川朋子が4月27日(土)に高崎でイベント「さっちゃん、おかえりなさい」のゲストスピーカーとして登壇します。

「さっちゃん、おかえりなさい」は釜ヶ崎で医師として活躍した矢島祥子さんを取り上げたイベント。

矢島祥子…日雇い労働者の町、大阪市西成区釜ヶ崎にて、一般の患者さんも、路上生活者も、生活貧困者も分け隔てなく、献身的に医療を行った医師。2009年、34歳の若さでこの世を去る。さっちゃんの、どんな人とも純粋に向き合う心はどのように育まれていったのでしょう。
― イベントパンフレットより

荒川は多様な社会環境を持つ、世界各国からの留学生が集い学ぶアジア学院校長としてパネルディスカッションに登壇します。

関心のある方はお問合せ先まで。(TEL: 080-6505-0108, EMAIL: yajibin108@gmail.com)

荒川は明日4月3日(水)の高崎ロータリークラブ例会で、「アジア学院~世界にひとつの農村指導者養成事業」と題しての卓話も務めます。




ARI Director Tomoko Arakawa will be a guest speaker at an event and Rotary Club meeting in Takasaki

ARI Director Tomoko Arakawa will be the guest speaker at an event "Sacchan, Welcome Home" in Takasaki on Saturday, April 27.

"Satchan, welcome back" is an event about Sachiko Yajima, a doctor in Kamagasaki.

Sachiko Yajima…a doctor who devoted herself to medical care in Kamagasaki, Nishinari-ku, Osaka City, a town of day laborers, without separating ordinary patients, people living on the streets, and the living poor.
She passed away in 2009 at the young age of 34. We wonder how Sacchan's heart, which genuinely faced any kind of people, was nurtured.
- From the event pamphlet

Arakawa will participate in the panel discussion as the Director of ARI, a school where international participants from all over the world, with diverse social environments, gather to learn.

If you are interested, please contact us for more information. (tel: 080-6505-0108, email: yajibin108@gmail.com)

Arakawa will also speak on "Asian Rural Institute - One World Rural Leaders Training Project" at the Takasaki Rotary Club meeting tomorrow, Wednesday, April 3.

  • はてなブックマークに追加
後援会申請バナー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース