見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

グンマ初「文学フリマ」いよいよ 最高4千人を集客した注目イベント

北爪満喜さんの作品。左から「MAEBASHI 36.5°Cのあたり」「月光の音」「奇妙な祝福」

北爪満喜さんの作品。左から「MAEBASHI 36.5°Cのあたり」「月光の音」「奇妙な祝福」

  •  
  •  

 形式もジャンルも問わない「文学」を販売する「文学フリマ」が3月26日、前橋で開催される。群馬初。

【写真】橋本純さんと繰腹秀平さんの作品

 前橋は萩原朔太郎をはじめとする詩人、映画監督の小栗康平さん、コピーライターの糸井重里さん、グンマまで広げると漫画家のあだち充さん、井口ヒロトさんなど多くのクリエーターが生まれ、住んでいる。

[広告]

 「文学のフリマ」で販売できるものはプロ・アマ問わず作者が「これは文学」と信じたもの。2002年からこれまでに東京・大阪・名古屋・福岡・金沢・岩手・京都で合計36回開催され、多い時には1日で4,000人を集客した。

 前橋では88組が出展を予定している。

 注目はミリタリーライターで、「ト・ロ・ルーニ二〇〇X年の黙示録」で小説家デビューした橋本純さん(前橋出身)が、文学フリマのために製作した「忘レ去られる神たちーー妖変奇譚抄本」や、書き下ろし作品を販売する。

 このほか現代詩人の北爪満喜さん、繰腹秀平さんがそれぞれ詩と写真の本、詩集を販売する。

 会場は「前橋プラザ元気21」(前橋市本2)。開催時間は11時~16時。

  • ????????????