食べる

高崎・本格麺の新店 ホテルで修行 辛いタンタン、辛くないタンタン話題に

中国の唐辛子「朝天辣椒」と日本の「タカノツメ」でぴりっと「きんとうん麺辛」、ひき肉の代わりに角煮を使っている

中国の唐辛子「朝天辣椒」と日本の「タカノツメ」でぴりっと「きんとうん麺辛」、ひき肉の代わりに角煮を使っている

  • 0

  •  

 5月にオープンした本格麺の店「きんとうん」(高崎市菅谷町、TEL 027-333-1614)の看板メニュー「きんとうん麺(タンタン麺)」が静かな話題になっている。

【写真】店舗外観と星野さん

 店主の星野優太さんは高崎ビューホテルで2002年から12年修行し、退社後1年かけて同店を出店した。店名の「きんとうん麺」はタンタン麺の「金色」のスープを飲む=「金呑」に由来する。

[広告]

 タンタン麺といえば辛さがポイントだが、星野さん自身が辛いものが苦手で「辛くないタンタン麺があってもいいのではないか」と辛くないバージョンも用意した。

 金色のごまスープはまろやかで「金呑」し尽くしてしまう。辛いバージョンはぴりっと切れが良く、辛くないバージョンはどこまでも優しい。ひき肉の代わりに使われている角煮も食べ応えがある。

 メニューは「きんとうん麺辛」が800円、「きんとうん麺」「酸辣湯麺」「ネギ鶏そば」などが750円、今週のランチ(月~土)850円。夜は一品料理280円~。

 営業時間は11時30分~14時、17時30分~21時。水曜定休。

  • ????????????