食べる

大河「花燃ゆ」カフェ「前橋茶房あんきな」視聴率アップに貢献か

楫取素彦ゆかりの前橋臨江閣の近くにオープンした「前橋茶房あんきな」。右奥が前橋臨江閣

楫取素彦ゆかりの前橋臨江閣の近くにオープンした「前橋茶房あんきな」。右奥が前橋臨江閣

  •  

 4月18日にオープンしたカフェ「前橋茶房あんきな」(前橋市大手3)の利用が5月6日までで500人を超えた。

【写真】焼きまんじゅうとキュウリで「毛利家の家紋」を象った「維新焼きまんじゅうセット」とは

 「あんきな」は放送中のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主要登場人物の一人、楫取素彦(かとりもとひこ)=小田村伊之助が初代の群馬県令(現在の知事)だったことにちなんだもの。「あんきな」は気楽でのんびりとしたさまを表す萩地方の方言。

[広告]

 メニューは「素彦好物磯辺餅(200円)」、「素彦だんご(150円)」「維新焼きまんじゅう(200円)」「赤城の恵ブルーベリーじゅーす(370円)」「ビール(400円)」「ラムネ(200円)」など。ドラマの舞台である山口県の「萩夏みかんサイダー(220円)」「夏みかんジュース(160円)」などもそろえる。

 今後、「前橋焼きそば」「焼きまんじゅうジェラート」「前橋バナナアイス」など前橋産の認定商品「赤城の恵」の取り扱いを増やす予定だ。

 営業時間は10時~16時。来年1月31日まで。

ピックアップ