食べる 買う

イオン高崎、119店舗刷新-群馬初出店「ZARA」核にファストファッションゾーン

吹き抜けの「セントラルコート」を中心に1階はファストファッションゾーン、2階は3世代ゾーンに。ZARA(群馬初)の右手はフランフラン(同)、左手はコムサイズム、ユニクロの左手に無印良品

吹き抜けの「セントラルコート」を中心に1階はファストファッションゾーン、2階は3世代ゾーンに。ZARA(群馬初)の右手はフランフラン(同)、左手はコムサイズム、ユニクロの左手に無印良品

  •  

 イオンモール高崎(高崎市棟高町)が現在、開業以来初の大規模リニューアルを進めている。

移転工事中仮店舗で営業する「無印良品」

 イオンモール高崎は2006年10月、サティ(現、イオン)、イオンシネマを核に約170の専門店とともに開業した。今回のリニューアルでは新規導入43店舗(うち群馬初出店27店舗)、既存店舗の移転・改装76店舗、合計119店舗を刷新する。

[広告]

 注目されるのが群馬初出店の「ZARA」「フランフラン」(「フランフランフラン」からの業態変更)、顧客からの要望が多かったという「ユニクロ」だ。これらに加え既存の「コムサイズム」「GAP/Gap kids」「無印良品」などを絡め、年代、用途を意識したゾーニングを行う。

 「ZARA」「フランフラン」を迎える1階セントラルコートゾーンは「コムサイズム」「GAP/Gap kids」などと合わせ「群馬県内随一のファストファッションゾーンを構築する」(同SC担当者)。「ユニクロ」は2階で、1階から2階に移転する「無印良品」などの店舗と「3世代で利用しやすいフロアにする」(同)という。

 飲食では中華料理「紅虎菜舗」が全国初となるテークアウト対応の新業態で出店する。

 改装店舗、飲食新店のオープンは2月から4月中旬にかけてで、「ユニクロ」は4月19日、「ZARA」は4月25日の予定。

ピックアップ

ピックアップ

後援会申請バナー