前橋「千本桜」満開でピンクのトンネル完成-芝桜、菜の花も

平日にも関わらず多くの人が。新潟からのバスツアー客も

平日にも関わらず多くの人が。新潟からのバスツアー客も

  •  

 前日との温度差10度以上という激しい気候変化の中、前橋のサクラの名所、赤城山ろくの「千本桜」が見ごろを迎えた。

ソメイヨシノと芝桜の競演

 「千本桜」はその名の通り約1,400本のソメイヨシノが立ち並ぶ並木で、1956(昭和31)年ごろから地域の人々が苗木を植え育てたもの。全長3.5キロに及ぶ桜並木は、満開ともなれば淡いピンクのトンネルの中を歩くことができる。

[広告]

 今年はサクラのつぼみがふくらみ始めてから気温の変化が激しく、サクラの開花も遅れたかと思いきや、千本桜は昨年とほぼ同時期に咲きそろった。

 「千本桜」のある「みやぎ千本桜の森公園」では前橋市民、花見見物客、足立区民らによる「芝桜ひろげたい運動」が繰り広げられており、3年目を迎えた今年、植え付け面積は3,800平方メートルに、株数は9万4,000株になった。

 「日本のさくらの名所百選」に選ばれた「千本桜」。並木の近くの休耕田には菜の花を種がまかれ、サクラ、芝桜、菜の花と「春の花競演百選」なるのもがあれば、名を連ねるに違いないスポットになった。

ピックアップ