天気予報

26

15

みん経トピックス

PR

群馬県産Lボーンステーキ大河ドラマバトンタッチ

前橋にアンティーク新店 フランス人オーナー、本国で買い付け

前橋にアンティーク新店 フランス人オーナー、本国で買い付け

トニー デュランさん、石井れい子さん夫妻

写真を拡大 地図を拡大

 小物から家具や建具までフランスのアンティークを扱う「L’atelier Broncant(ラトリエ ブロカント)」(前橋市西片貝4)が2月1日、オープンした。

【写真】アンティークの建具を使った店舗の外観と店内

 同店は1850~1930年頃のフランスのメルスリ(=ボタン、レース、布などの小物約300種類)、食器(約100点)、家具・建具(約100点)、古着(約50点)、アクセサリー(約40点)をそろえる。店舗は倉庫を改装した。

 オーナーのTony Durand(トニー デュラン)さん、石井れい子さん夫妻は2007年に栃木県益子町でアンティークショップを開店。東日本大震災後フランスに戻ったが、2014年に前橋で再出発の準備を始めた。倉庫の改装を自ら行い、1年以上かけて開店した。

 買い付けは年4回。トニーさんは「この時代の物は色味もデザインもいい。すべてが手作りで職人の思いが感じられる。これからもいい物を日本に持って来る」と意気込む。

 価格はメルスリ100円~、食器1,000円~、家具20,000円~。営業時間は11時~16時(土日祝は17時)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ワンコインメニューの一例。上から曽山商店の「なめこうどん」(通常750円を割引)、バンディ塩原の「ミニソースカツ丼」、青木別館の「白樺クーヘンと高原アイス」  ツツジ満開の赤城山でワンコイン企画 そば・カツ丼、スイーツも  <記事に戻る>
[拡大写真]

アクセスランキング